« 鶴田浩二と想像の共同体 | Main | 専門知とメリトクラシー »

March 23, 2007

頂き物

 ずいぶんとご無沙汰しているが、中国哲学の研究者である、友人の中島隆博氏よりご著書をご恵贈いただいた。記して謝意を表しておこう。
 かれとは、もうずいぶんとお会いしていないが、高水準のお仕事を維持されているようだ。相変わらず、すごい、と感じ入る。
 じつは、今回の場合は、かれを Takahiro Nakajima と表記すべきかもしれない。
 というのも、ご著書のタイトルは"The Chinese Turn in Philosophy"、全編が欧語、より詳しく書くと、第1章から第9章(除く第3章)までが英語、第10+11章が独語、第3章と最終章である第12章が仏語で執筆されている。
 表紙は、敦煌の莫高窟の壁画「涙を流す人々」が中心に配されている。とても落ち着きのある装丁だ。
 Sponsored and published by UTCP(The University of Tokyo Center for Philosophy)とある。UTCP叢書とでも捉えておけばよいのだろうが、「Collection UTCP 3」として出版されている。
 それにしてもUTCPが「共生のための国際哲学交流センター」になるにか、私にはよく判らないままだ。
 とりあえず、以下で簡単に目次を紹介しておこう。
 どこかで時間を取ってきちんと拝読することにしたいが、仏語はからきしだし、どうなるだろうか。

 ⅠDeconstructing Chinese Philosophy
1. Don't Mix! Can Be Dangerous:De Anima in China
2. From Foundation to Difference:On the Conception of the exteriority and the interiority
3. Pour en finir avec ce désir récurrent de TONG統

 ⅡGenealogy of Modern Philosophy in East Asia
4. Pragmatism and Modern Chinese Philosophy: The "genetic method" of John Dewey and Hu Shi
5. Historical Consciousness in Hu Shi and Mruyama Masao
6. Trace of Legitimacy and Justice in Maruyama Masao

 Ⅲ Flickering Shadows of China in Japanese Modernity
7. Genealogy of Nothingness:Nishida Kitaro and China
8. Buddhist Discourses on Contemporary Bioethical Problematics in Japan
9. Like Tongueless Men:Silence at Fushun Coalmine

 Ⅳ The Moments of Tears:Reflecting European Philosophy
10. Der Moment des Tränenvergiessens:Gedanken mit Jacques Derrida zur transzendentalen Ökonomie der Zeit
11. Lexikon zur Zeittheorie Derridas
12. Relire Fonder la morale de François Jullien et redécouvrir une pensée chinoise plurielle


|

« 鶴田浩二と想像の共同体 | Main | 専門知とメリトクラシー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 頂き物:

« 鶴田浩二と想像の共同体 | Main | 専門知とメリトクラシー »